< < Samurai Dynamics > >


日本刀匠・松葉國正による
「真剣竹試斬」の一日体験セミナーのご案内


刀匠名『國正・くにまさ』本名・松葉一路氏(46歳)は、文化庁承認の作刀資格を持ち「現代刀作品コンクール」では、毎年連続で多くの賞を受賞している本物の日本刀の刀鍛冶です。また、合気万生道6段師範、剣道5段、居合道、古流剣術等を極めた武道家でもあります。 松葉氏は、刀匠としての作刀活動や全日本刀匠会九州支部長としてのお仕事の傍ら、日本国内では小中学校等への出張講習、海外では、ドイツやスウェーデン、スイス等での武道の講習など、積極的な活動をされており、各方面から高い評価を得ています。
この度、日本刀匠8人による現代日本刀展覧会「叢雲会 in Paris」出席の為の渡欧にともない来蘭され、当地オランダにて「万生合気道」と「真剣による試し斬り(青竹)」の一日体験セミナー開催の運びとなりました。


>>Read
(1)武と美と日本刀 (2)刀鍛冶、ヨーロッパを行く 文/松葉國正

 
合気万生道
砂泊誠秀は、大正12年鹿児島に生まれ、十代で合氣道創始者植芝盛平翁の内弟子として入門、心身両面の指導を受けました。昭和29年から熊本市において合氣万生館道場を開設、昭和36年、植芝盛平翁より合氣道最高段位九段を允可され、また同時に九州師範長を任命されました。昭和44年創始者御逝去を機に組織を離れ、真の合氣道の探求に入り、「万生館合氣道」として独立、平成11年「合氣万生道」と改名、道長として現在も直接手を取らせて指導を行っていらっしゃいます。合気万生道は特に呼吸法を重視した体の動き、その流れるようなフォームの美しさでも砂泊翁は特に有名です。



合気とは愛なり。天地の心を以って我が心とし、万有愛護の大精神を以って自己の使命を完逐することこそ武の道であらねばならぬ。 合気とは自己に打ち克ち、敵をして戦う心無からしむ、否、敵そのものを無くする絶対的自己完成の道なり。 而して武技は天の理法を体に移し霊肉一体の至上境に至るの業であり、道程である。』
合氣万生道 道長 砂泊誠秀

  
「先生との稽古では、今でも、本職の刀鍛冶であり体重85kgの自分が、コロンコロンと投げ飛ばされますが、投げられれば投げられるほど幸せな気持ちになって来ます。」

砂泊誠秀翁の直弟子であり、合気万生道6段師範を允可されている國正刀匠(松葉氏)が、 直接手を取って、その妙技を講習されます。
参加資格に合気道経験の有無は問われませんし性別年齢制限もありません。

 
真剣での試し斬り
日本刀の切れ味は、刃肉(はにく)鎬(しのぎ)横手(よこて)等と呼ばれる日本刀独特の形状や、その美しい反りのついた姿をした造形物と、人間の自然な動きのエネルギーが完璧に一体化した瞬間に、その本来の切れ味が発揮されます。
竹は強靭な弾力性のある繊維質で縦には割れ易くとも横方向には折れにくく、青竹と呼ばれる新鮮な竹は、裁断後の切口も柔らかく刀身への損傷も少ない、と言うことから、古来、日本刀の試し斬りに使われます。
本来、武道家である松葉刀匠は作刀研究の為、自宅の裏の竹林で自作刀の試し斬りを行っており、斬った竹の数が既に2万本以上という貴重な経験のある松葉刀匠ご自身から、日本刀の最も基本的で理想的な操作方法を伝授していただきます。


短時間での最も基本的な動作の講習ですが、日本の伝統「和の精神」の真髄を、「頭」ではなく「体と心」で体験してください。

 

 

 


場所:
Sporthallen Zuid
Burgerweeshuispad 54
1076 EP Amsterdam

Routeクリック

日時
2007年9月21(金)
 19:30−22:30

料金:
   35ユーロ(竹代含日本
刀貸与)

注意事項:
1)要予約(住所、氏名、年齢を明記の上、メール又は電話にて申し込んで下さい。)
2)武道着、又はトレーニングウェア等を持参してください。(試し斬りだけの参加者はジーンズ等でも可)
(会場には更衣室、シャワー等が完備しています。)
3)素振り練習用に、竹刀、木刀、練習用居合刀等をお持ちの方は、ご持参ください。
未経験者の方は、予約の際に、ご一報くだされば、木刀を用意させていただきます。
(試斬用真剣を所持されている方も、是非、ご持参ください)
4)試し斬りの講習に限り、参加資格15歳以上とさせていただきます

予約・問い合わせ:Samurai Dynamics
e-mail : smuraidynaimics@yahoo.com
Tel: 020-693-4567/ 0611-44 07 03

主催:出島屋/NL